Japanese 日本語


神はどんな方?

神について聖書がどのように教えているか見てみましょう。

1. すべてを作られた唯一の神がおられる。

たくさんの神が存在すると教える宗教がありますが、聖書は神は唯一の存在だと教えています。

第一コリント8:6「父なる唯一の神がおられるだけで、すべてのものはこの神から出ており、私たちもこの神のために存在しているのです。」

聖書はこの唯一の神がすべての創造主だと教えています。

創世記1:1「初めに、神が天と地を創造した。」

自然界の中の複雑さは、創造主なる神の存在を示す否定しがたい証拠です。

もし地面にスマートフォンが落ちていたら、自然にそうなったと思いますか?もしくは複雑な何かによるものだと考えますか?宇宙の複雑さは力強い創造主によるものです! 

1. 地球は太陽からちょうど良い距離にあります。金星は生活するのには近すぎます(462 C)。木星は遠すぎます(-145 C)。  
2. 地球の傾斜(23.5)は季節や気持ちの良い天気を作り出すのに完璧です。  
3. 地球は完璧な大きさです。地球より小さいと、酸素が逃げてしまいます(火星)。地球より大きいと、毒性のあるガスが溜まります(木星)  
4. 月は、地球の傾斜と海に欠かせない潮流を保つのに完璧な大きさです。

これらは単に偶然に起こっただけの出来事なのか?

神様が私たちが思っているより「大きな方」で「善い方」ということは、神様についての良い知らせと言えます。

2. 神様は私たちが思っているより偉大で、大きく、強い

使徒17:24~25, 29「この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神は、天地の主ですから、手でこしらえた宮などにはお住みになりません。また、何かに不自由なことでもあるかのように、人の手によって仕えられる必要はありません。神は、すべての人に、いのちと息と万物とをお与えになった方だからです。… そのように私たちは神の子孫ですから、神を、人間の技術や工夫で造った金や銀や石などの像と同じものと考えてはいけません。」

神様は全てにおいて自立しています。彼は人の作った寺院に住んでおらず、人間によって何かを与えられる必要もありません。対照的に…

神様はすべてを作られました。神様は人の芸術や想像から来たのではなく、私たちが神様の独創力と想像力から生まれました。

神様はすべてを保っておられます。神様は人やすべての創造物の必要を満たしておられます。彼は私たちに命を与えています。神様が太陽を燃やし続け、地球を自転させ、私たちの心臓を鼓動させておられます。

神様は永遠で、思慮深く、無限に強大な方です。神様はすべてのこと、そしてすべての場所のことを同時に知っておられます。

3. 神様は善であり、私たちが思っているより善い方で近しい方である

使徒17:26~28「神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。これは、神を求めさせるためであって、もし探り求めることでもあるなら、神を見いだすこともあるのです。確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。あなたがたのある詩人たちも、『私たちもまたその子孫である。』と言ったとおりです。」

あなたが気づいている、いないに関わりなく、神様は常にあなたのそばにいます。神様はあなたを作っただけではなく、保護と必要な物を与えてくださいます。神様は私たちの助けを求める叫びを聞かれ、助けて下さいます。

詩篇145:14-19「[14] 主は倒れる者をみなささえ、かがんでいる者をみな起こされます。[15] すべての目は、あなたを待ち望んでいます。あなたは時にかなって、彼らに食物を与えられます。[16] あなたは御手を開き、すべての生けるものの願いを満たされます。[17] 主はご自分のすべての道において正しく、またすべてのみわざにおいて恵み深い。[18] 主を呼び求める者すべて、まことをもって主を呼び求める者すべてに主は近くあられる。[19] また主を恐れる者の願いをかなえ、彼らの叫びを聞いて、救われる。」

あなたが今まで得たことのある全ての良いものは、神様から来ました。太陽、雨、食べ物、水、住む場所、美しく変わる四季、健康、働く活力、仕事を得ること、長く続く友だち関係、配偶者を得ること、子供、等…これらすべてのものは、神様が「あなたの心を喜びで満たす」ために与えられました。なぜなら神様は善良で、親切な方だからです。

4. 神様は私たちの感謝に値する方

あなたは今まで神様に、あなたが与えられたものすべてを感謝したことがありますか?神様の贈り物に対して十分の感謝を捧げたことがありますか?もしかしたら、あなたはまだ神様の存在さえ認めていないかもしれません。もしかしたら、あなたはその無知の故に、彼の贈り物を当然のもののように生きてきたかもしれません。あなたの創造者を賛えることを怠るということは、聖書が「罪」と呼ぶ事柄のうちの一つです。罪(良いことをするのを怠り、悪いことをする)は、私たちを神様と敵対させます。

使徒17:30~31「神は、そのような無知の時代を見過ごしておられましたが、今は、どこででもすべての人に悔い改めを命じておられます。なぜなら、神は、お立てになったひとりの人により義をもってこの世界をさばくため、日を決めておられるからです。そして、その方を死者の中からよみがえらせることによって、このことの確証をすべての人にお与えになったのです。」

神様は、恵み深く、そして辛抱強く私たちの無知を見過ごして来られ、今は私たちに神様に立ち返り、私たちの創造主、そして養い主であられる方として当然の感謝と栄誉を捧げるようにと命じておられます。
神様は世を裁かれます。この世は、病気、うつ、自殺、戦争、虐待、困窮、憎悪、死などの邪悪さと痛ましい事柄で満ちています。神様は、この世の邪悪な事柄すべてを一掃されます。このことは、私たちが神様を敬う人たちのなかにいるなら、嬉しい知らせです。もし私たちが神様を敬っていないとすれば、私達は彼の有罪判決のもとにいることでしょう。

5. 神は私たちを愛しています

神様は、父親のようにあなたのことをすべて知っておられ、無条件にあなたを愛しておられます。神様はあなたに自分自身のことを知り、自分自身のあなたへの愛を個人的に楽しんでほしいと思っておられます。神様は私達を愛しておられるので、彼に立ち返り、彼を敬うための道を私たちのために作られたからです。神様は彼の息子を私たちの救い主として地上に送られました。

ヨハネ 3:16「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」

救い主はイエスです。イエスは、私たちの彼自身への不名誉な行動すべてを取り除いて下さり、私たちの罪悪感や恥辱を取り除くために死なれました。神様はイエスを生き返らせました。神様の前で正しく生き、彼を敬い生きる道は、彼の息子であるイエスを敬い、彼を信じることによって開かれます。

マルコによる福音書イエスについて読みましょう。
ファーストステップ2イエスについて勉強しましょう。