盲人が癒された from Mustard Seed Osaka on Vimeo.

スモールグループの勉強:
1. イエスは霊的盲目への治療薬である  

イエスが盲目の男の視力を癒された後、その男の(霊的)視力は、パリサイ人の霊的盲目さと対照的です。  

ヨハネ 9:35-41を読みましょう。「イエスは、彼らが彼を追放したことを聞き、彼を見つけ出して言われた。「あなたは人の子を信じますか。」その人は答えた。「主よ。その方はどなたでしょうか。私がその方を信じることができますように。」イエスは彼に言われた。「あなたはその方を見たのです。あなたと話しているのがそれです。」彼は言った。「主よ。私は信じます。」そして彼はイエスを拝した。そこで、イエスは言われた。「わたしはさばきのためにこの世に来ました。それは、目の見えない者が見えるようになり、見える者が盲目となるためです。」パリサイ人の中でイエスとともにいた人々が、このことを聞いて、イエスに言った。「私たちも盲目なのですか。」イエスは彼らに言われた。「もしあなたがたが盲目であったなら、あなたがたに罪はなかったでしょう。しかし、あなたがたは今、『私たちは目が見える。』と言っています。あなたがたの罪は残るのです。」」  

私達の目が開かれたとき、私達はイエスの栄光を理解し、彼を賛美します。  

第2コリント 4:4-6を読みましょう。「そのばあい、この世の神が不信者の思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光にかかわる福音の光を輝かせないようにしているのです。私たちは自分自身を宣べ伝えるのではなく、主なるキリスト・イエスを宣べ伝えます。私たち自身は、イエスのために、あなたがたに仕えるしもべなのです。「光が、やみの中から輝き出よ。」と言われた神は、私たちの心を照らし、キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせてくださったのです。」  

あなたの霊的視力が開かれた今、あなたにはイエスがどのように違って見えていますか?(あなたにとって、イエスのどの部分が美しいと感じますか?) 

2. イエスは社会的迫害に直面した人を慰める。  

ヘブル 11:23-26を読みましょう。「信仰によって、モーセは生まれてから、両親によって三か月の間隠されていました。彼らはその子の美しいのを見たからです。彼らは王の命令をも恐れませんでした。信仰によって、モーセは成人したとき、パロの娘の子と呼ばれることを拒み、はかない罪の楽しみを受けるよりは、むしろ神の民とともに苦しむことを選び取りました。彼は、キリストのゆえに受けるそしりを、エジプトの宝にまさる大きな富と思いました。彼は報いとして与えられるものから目を離さなかったのです。」  

モーセのように、生まれつき盲目の男は、イエスの栄光を、裕福になることや、社会から受け入れられることよりも素晴らしい報いだとみなしました。それ故に、彼は喜んで迫害されました。  

ヨハネ9:22, 28, 34-35を読みましょう。「彼の両親がこう言ったのは、ユダヤ人たちを恐れたからであった。すでにユダヤ人たちは、イエスをキリストであると告白する者があれば、その者を会堂から追放すると決めていたからである。... 彼らは彼をののしって言った。「おまえもあの者の弟子だ。しかし私たちはモーセの弟子だ。 ... 彼らは答えて言った。「おまえは全く罪の中に生まれていながら、私たちを教えるのか。」そして、彼を外に追い出した。イエスは、彼らが彼を追放したことを聞き、彼を見つけ出して言われた。「あなたは人の子を信じますか。」」  

あなたは、イエスへの信仰ゆえに社会的迫害を経験しましたか? 

イエスはどのようにあなたを慰めましたか? 

3. イエスは、いつの日か、信じるもの全ての肉体を癒される  

第1コリント 15:51-53を読みましょう。「聞きなさい。私はあなたがたに奥義を告げましょう。私たちはみなが眠ってしまうのではなく、みな変えられるのです。終わりのラッパとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は朽ちないものによみがえり、私たちは変えられるのです。朽ちるものは、必ず朽ちないものを着なければならず、死ぬものは、必ず不死を着なければならないからです。」  

車椅子、メガネ、鎮痛薬、補聴器、障害、鬱などはもうありません。  

どのような癒しを、個人的に、あるいは他の人のために待ち望んでいますか?