スモールグループの勉強:

ヨナの驚くべきストーリーが私たちに教えることは、「神の恵みはすべての人のためにある」ということです。神は恵みを、ニネベの罪深い人々に差し伸べられました。そして、神はヨナにも、彼自身の悪い考えから救うことによって恵みを差し伸べられました。 

ヨナ書1:1~4を読みましょう。 「アミタイの子ヨナに次のような主のことばがあった。「立って、あの大きな町ニネベに行き、これに向かって叫べ。彼らの悪がわたしの前に上って来たからだ。」しかしヨナは、主の御顔を避けてタルシシュへのがれようとし、立って、ヨッパに下った。彼は、タルシシュ行きの船を見つけ、船賃を払ってそれに乗り、主の御顔を避けて、みなといっしょにタルシシュへ行こうとした。そのとき、主が大風を海に吹きつけたので、海に激しい暴風が起こり、船は難破しそうになった。」 

愛ある父親が頑固で愚かな子供を持っているかのように、神様はその誠実な愛と無条件の恵みによって、私たちが罪深く、愚かな選択をしたとしても、すべての状況の中にあって、私たちの益のために働かれます。  

ローマ8:28を読みましょう。 「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」  

Q: 神様は、今まであなたの計画をより良いことのために台無しにされましたか?  

神様の恵みは驚くべき方法でもたらされます! ヨナ書1:17を読んでみましょう。「主は大きな魚を備えて、ヨナをのみこませた。ヨナは三日三晩、魚の腹の中にいた。」

Q: 神様は魚を通して恵みをもたらされました。どのような方法を通して、神様はあなたに恵みをもたらしてきましたか?  

ヨナは、文字通り神様が任命された役割から逃げました。  Q: 神様は日々の生活の中で何をするように呼びかけておられますか?