教会の何でやねん? 洗礼 from Mustard Seed Osaka on Vimeo.

スモールグループのレッスン:
あなたはいつ洗礼を受けましたか?なぜ洗礼を受けることにしましたか?洗礼を受ける前、そして受けた後はどのように感じましたか?あなたの体験をグループで分かち合いましょう。  

1. 洗礼は「私たちの人生における『死』、『埋葬』、キリストにある新しい命への『よみがえり』という福音のストーリーを表し、そのことを祝うもの」である  

ローマ人への手紙6章1〜4節
それでは、どういうことになりますか。恵みが増し加わるために、私たちは罪の中にとどまるべきでしょうか。絶対にそんなことはありません。罪に対して死んだ私たちが、どうして、なおもその中に生きていられるでしょう。それとも、あなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスにつくバプテスマを受けた私たちはみな、その死にあずかるバプテスマを受けたのではありませんか。私たちは、キリストの死にあずかるバプテスマによって、キリストとともに葬られたのです。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえられたように、私たちも、いのちにあって新しい歩みをするためです。  

質問:クリスチャンとして、私たちは人生において罪を処刑し続けなければなりません。あなたにとってどのような罪深い習慣を殺すのが難しいですか?  

質問:あなたは、キリストと一致した今の人生において、どのような新しい「考え」や「情熱」、「行動」を持っていますか?  

2. 洗礼は「私たちの罪が洗い流されたことを表し、それを祝うもの」である 

使徒22章12〜16節
すると、律法を重んじる敬虔な人で、そこに住むユダヤ人全体の間で評判の良いアナニヤという人が、私のところに来て、そばに立ち、『兄弟サウロ。見えるようになりなさい。』と言いました。すると、そのとき、私はその人が見えるようになりました。彼はこう言いました。『私たちの先祖の神は、あなたにみこころを知らせ、義なる方を見させ、その方の口から御声を聞かせようとお定めになったのです。あなたはその方のために、すべての人に対して、あなたの見たこと、聞いたことの証人とされるのですから。さあ、なぜためらっているのですか。立ちなさい。その御名を呼んでバプテスマを受け、自分の罪を洗い流しなさい。』  

質問:神様が、私たちの罪をパウロのように洗い流されたことは、私たちを見聞きしたことを神様のために証言する証人にします。私たちの人生において神様が洗い清められた罪の領域は、私たちが神の働きを証し、他の人がキリストにある赦しや自由を見つけることが出来るように助ける領域になります。あなたの中にある、他の人を赦しや自由を見つけるのを助けることが出来るどのような罪を神は贖われましたか?  

3. 洗礼は「聖霊を受け取り、心を再生することを表し、そのことを祝う」ものである。 

使徒2章38節
そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。

テトスへの手紙3章4〜7節
しかし、私たちの救い主なる神のいつくしみと人への愛とが現われたとき、神は、私たちが行なった義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。神は、この聖霊を、私たちの救い主なるイエス・キリストによって、私たちに豊かに注いでくださったのです。それは、私たちがキリストの恵みによって義と認められ、永遠のいのちの望みによって、相続人となるためです。  

質問:あなたの人生において聖霊が働いているのがわかりますか?どのようにですか?