Japanese 日本語

今週のスモールグループ

スモールグループは私たちがクリスチャンとして神様の聖書を従うこと、そして、神様の使命を行うことという2つの分野において成長するために作られました。

神様の聖書

ダニエル記4:29-37を読みましょう

ネブカデネザル王は自身を謙虚にさせる劇的な体験をしました。彼は聖書や歴史の中で、神に謙虚にさせられた唯一の傲慢な男の例ではありません。聖書や最近の人物で、謙虚にさせられた謙虚な人の例として、ほかにどんな人物が思い浮かびますか?

ネブカデネザル王から、私たちは(1)「神の前にへりくだること」を学ぶことができます。ヤコブの手紙4:10を読みましょう。
主の御前でへりくだりなさい。そうすれば、主があなたがたを高くしてくださいます。
また私たちは(2)「悔い改めの罪の告白が回復へと導くこと」を学ぶことができます。箴言28:13を読みましょう。
自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。それを告白して、それを捨てる者はあわれみを受ける。
Q: なぜ罪の告白は難しいのでしょうか?

アンドリュー・マーレーが書いた「謙遜」という本で、彼が言っていることを読みましょう。
現在も永遠にわたっても、被造物に主要な関心事、その最高の道徳、その唯一の幸福は、自らをからの器として(中に神がお住みになり、ご自身の力と善意を表すことがおできになるからの器として)神の前に差し出すことなのである。

神がお授けになるいのちは、一度かぎり与えられるものではない。その強大な力のやむことのない働きによって、瞬間瞬間に継続的に与えられるものである。神に対する全面的依存の場である謙遜は、その本質からいって、被造物の第一の義務、最高の道徳であり、すべての道徳の根源なのである。

したがって、高ぶることすなわちこの謙遜を失うことは、全ての罪悪の根源である。
マーレーは謙遜は人間の最高の道徳であると言います。さらに彼は、プライドはすべての罪と悪の根源であると言う。次の5つは、どのようにプライドに結びつくでしょうか?
  • 貧欲
  • 盗み
  • 情欲
  • 噂話や悪口
  • 人殺し
プライドに結びつかない罪はなにかありますか?

神様の使命
あなたがキリストの事を、人々に伝えていると、ほとんどの人がイエスに対して小さなステップをたくさん踏んでいることに気づくでしょう。イエスに近付くように少しだけでも助けるということは素晴らしい進歩です。私たちは2つの軸を通して人々を評価することができます。「彼らはどれだけイエスのことを知っているだろうか?」「彼らはどれだけイエスのことを愛しているだろうか?」

両方の軸が10ならば、その人はクリスチャンになる用意ができていることでしょう。両方がゼロなら、その人はイエスに対して中立です。両方の軸が−10であれば、その人はイエスを嫌っており、たくさんの間違った考え方を彼に対して持っています。あなたの祈りリストから一人か二人を選び、このグラフのどこにいる人なのかグループ内でシェアしましょう。誰かがイエスのことを更に知り、イエスを愛するというどちらの方向に対しても小さな一歩を踏み出すように助けるのはよい次の一歩でしょう。あなたが彼らをイエスのことをさらに知り、愛するようになるように助けるためにできることは何ですか?


互いに励まし合いましょう

あなたが誰かにキリストを伝えるために、神はどのような機会を与えてくださいましたか? 

あなたがキリストのもとに導きたいと思っている人に対して、神はどのように働きかけられておられますか? 

互いのために祈りましょう

18節には「すべての聖徒のために祈りつづけなさい。 」と書かれています。教会そしてスモールグループのために祈りましょう。

あなたがキリストのもとに導きたいと思っている人のうち、少なくとも1人の名前を分かち合いましょう。その人がもう一歩キリストに近づくことができるように、あなたが次にしようと思っていることがはっきりしていれば、それを分かち合いましょう(例:教会に誘う、夕食に招待してあなたの証を分かち合う、ファースト・ステップの学びを一緒にする、聖書またはクリスチャン書籍をプレゼントするなど)。

互いのために日々祈るようにしましょう。(1)大胆さと知恵が与えられるように。(2)良い機会が与えられるように。(3)相手の心が開かれるように。 

他の祈りの課題

何か祈って欲しいことはありますか? 

神の使命と、その他の祈りの課題、感謝していることについて、共に祈りましょう。