Japanese 日本語

今週のスモールグループ

スモールグループは私たちがクリスチャンとして神様の聖書を従うこと、そして、神様の使命を行うことという2つの分野において成長するために作られました。

神様の聖書

マタイの福音書19:30-20:16を読みましょう。

マタイの福音書20:1-16で、私たちは主人が約束したようにそれぞれ同額の賃金を受け取った労務者について学びました。同様に、キリストを信じる者はすべて神さまが約束された賜物を受け取ります。つまり、罪からの義認(正しいと認められること)と永遠のいのちという相続財産です。以下はJ.I.パッカーの義認に関するキリスト教の教理からの定義です。

「義認とは、罪人(邪悪で不敬虔な者)を赦す神の法的な行為であり(ローマ4:5、3:9-24)、彼らを義と認められた者として受け入れ、以前は神から離されていた彼らと神ご自身との関係を永遠に正しいものとする。この義と認められる宣告は神が与える義の賜物であり(ローマ5:15-17)、キリストのゆえに神が私たちを受け入れてくださっているという立場を与えるものである(第二コリント5:21)」

以下の義認に関する聖書箇所を読みましょう。
ローマ人へ手紙3:21-26
ローマ人へ手紙5:15-19
コリント人への手紙第二5:21
ピリピ人への手紙3:8-9


以下の質問に答えながら、上記の聖書箇所で見た真理を要約しましょう。

  • すべての信じる者は、どんな賜物を受け取ったでしょうか?
  • イエスへの信仰を通して、私たちは自分のどの罪から義とされたでしょうか?
  • あるクリスチャンがほかのクリスチャンよりもより義と認められている(より正しい)ということはあるでしょうか?
Q1. この真理にあなたはどのように反応しますか?神さまの義を受け取るべきでないと感じるなにかがありますか?

Q2. 悔い改めてキリストに信仰を持つ連続殺人犯や人身売買者と同等に自分は義である(正しい)と知ることは、どんな感じがしますか?

Q3. あなたも神さまの義(私たちが想像することのできるもっとも高尚な義)を持っていると知ることは、あなたにどんなことを考えさせますか?

信仰にあってより成熟しているようにみえるクリスチャンに関してはどうでしょうか?私たちのすべてが神さまの義を受け取っている一方で、ある人たちはほかの人たちよりも聖化(聖い/清い)されています。義認とは、神の御前で私たちが義と認められて立っているということです。つまり、私たちは無罪であると宣言されているのです。聖化とは、イエスのように神聖にされて、イエスの品性や生き方により似ていくようにされていく現行の過程のことです。義認とは、私たちがクリスチャンとして生まれ変わるときに起こることで、聖化とは、私たちの成長のことです。

神様の使命

私たちのほとんどが、私たちがイエスの福音を宣べ伝えなければならない、いや、宣べ伝えたい!と思っていることを知っています。しかし私たちを沈黙させてしまう、よくある言い訳がいくつかあります。

1.「もし拒否されたらどうしよう?」時折、私たちは、神様の意見を一番気にかけるべき時に、他人の意見を聞いてしまいます。ガラテア1:10 - 「」そして私たちの伝道に対する努力が反対に直面するとき、彼らは私たちを否定しているのではなく、イエスを否定しているのです。私たちは、イエスが苦しまれたのと同じ状況で宣べ伝えるということは喜ばしいことです。(マタイ5:11-12)誰かによって私たちにすることができる最悪なことは、私たちの体を殺すことですが、私たちクリスチャンは死ぬと神と共に永遠にいることになります。

2.「どうすればいいかわからない」私たち皆、誰かによってキリストに導かれたので、どのように他の人をキリストに導くかを知っています。たとえ1日しかクリスチャンになっていなかったとしても、イエスが自分自身に何をしてくださったかを他の人に伝え、その人達をイエスに従うよう招待することによって弟子を作ることが出来ます。更に、ファーストステップのように、私たちが福音を伝えるために使うことができる情報は沢山あります。学ぶための一番いい方法は、まずやってみることです。

3.「もし福音を伝えることによって人間関係が損なわれたらどうしよう?」私たちの恐れが現実になることはそれほど多くありませんが、イエスは友達や家族との間に分裂を生じさせられました。永遠を視野に入れた見方を保つことは非常に重要です。神と永遠に共にいる天国と、神と永遠に隔絶された地獄が問題になっているのです。私たちが出来る最も愛ある事柄は、イエスによって可能になった救いについて伝えることです。良い友や良い家族は、友や家族にイエスのことを伝えます。

4.「怠け者なんです」悲しいことに、無関心と怠惰が私たちの多くを、福音を宣べ伝えることから遠ざけています。もし神様があなたに福音を宣べ伝える時間ごとに10万円を与えられるとしたらどうしますか?正直なところ、私たちの多くは仕事をやめて全時間で神の言葉を宣べ伝えるようになるでしょう。私達は、私達がお金のためにキリストを宣べ伝えていたり、この世に神様が持たれている驚くべき愛によらずキリストを宣べ伝えていることを悔い改めるべきです。

5.「私は誰かが私の信仰について尋ねてくるのを待っています」時々私達は私たち自身が良い人生を送れば、福音のメッセージを言葉で伝えなくても、行動を通して神様の愛を他の人に示すことが出来ると考えます。この考えにはいくつかの問題があります。まず、世界中でクリスチャンだけが優しく、思いやりがあり、寛大であるわけではありません。さらに、あなたが会話を始めなければ、誰かがあなたの信仰について聞いてくることは稀です。3つ目として、聖書はローマ10:14で「しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。」。私達は話す必要があるのです。

6.「彼らの質問にこたえられません」避けられないことですが、福音を携えて人と出会う時、どのように答えたらいいかわからないことがあります。気にする必要はありません。「いい質問ですね。答えは今すぐわかりませんが、わかったらお知らせしますね」と言いましょう。それは後で質問に答えることによって、私たちが、彼らの真実との格闘をどれほど助けたいと思っているかを示すことになります。
他の言い訳もあるかもしれませんが、私たちは、「神への愛」と「他の人への愛」は、私たちがリスクを取り、イエス・キリストの福音をできるだけ多くの人に伝えるのに必要かつ十分なものであるということを忘れてはいけません。

Mark Cahill著『One Thing You Can't Do in Heaven』より引用  

お互いを励まし合いましょう:
ほかの人たちをキリストを知るように導くために、神様はどんな機会を与えてくださっていますか? あなたがキリストへと勝ち取りたい人々の人生で、神様が働かれているのを見たことはありますか?
 
お互いに祈り合いましょう:
少なくとも一人、あなたがキリストへと勝ち取りたいと思っている人の名前を挙げましょう。 わかるのであれば、あなたが次にしようとしている、その人たちをキリストを知るようになるほうへ導く具体的な方法をシェアしてください(例:教会に誘う、ご飯に誘って自分の証しをシェアする、一緒にファースト・ステップを学ぶ、聖書やキリスト教関連の情報を教える、など)。

毎日お互いのために祈るようコミット(専心)しましょう。(1) 大胆さと叡智(えいち)のために(2) 機会のために(3) 相手が心を開くように 
 
祈りリクエスト:
あなたのためにどのように祈ることができますか?

神様の使命、そのほかのリクエスト、感謝の気持ちについて一緒に祈りましょう。